2017 07 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

Buon Anno 2012!!

Auguri di Buon Anno 2012!!

明けましておめでとうございます!!


年末年始は仕事に追われてだいぶバタバタでしたが

なんとか無事にイタリアで新年を迎える事ができました。


2011年は僕の中では『改革』の年でありました。

2012年のテーマは『探求』でいきたいと思います!

昨年イタリアを一周してきたけどまだまだ行きたい場所や食べたい料理が沢山あります。

なんか知れば知るほど自分の知らない事が出てくる感じ。

もっと勉強しなきゃなー!

初心にかえって好奇心をもって色んな事を吸収するぞー!

1日1日を大切に。

115_convert_20120105030654.jpg


みなさんにとって今年が笑顔ある1年でありますように・・。



スポンサーサイト
.05 2012 イタリア生活について comment6 trackback0

バーニョ・ディ・ロマーニャ

ブォンジョルノ!


私は今、エミリアロマーニャ州のバーニョ・ディ・ロマーニャという場所に住んでいる。

ここはエミリア・ロマーニャ州とトスカーナ州の県境いに位置する所

初めて来る人はびっくりするくらいの山奥にある。

なにせプルマン(長距離バス)で町から最寄り駅まで1時間30分以上かかるのだ・・。

ここが少し変わった地域で今はエミリア・ロマーニャ州の

フォルリ・チェゼーナ県のコムーネのひとつだが昔はトスカーナの一部だった。

だから料理的にもトスカーナとロマーニャ地方を足した、

他にはない独特の食文化を持つ地域だ。

私はエミリア・ロマーニャでパスタを学び、

いつかトスカーナの地方の料理も勉強したいと思っていたので願ったり叶ったり!



029_convert_20111215033222.jpg


写真は町のシンボルの教会。


それではブォーナジョルナータ!
.13 2011 イタリア生活について comment4 trackback0

イタリアの携帯

ブォンジョルノ!


イタリア語で携帯電話の事を

cellulare(チェッルラーレ)と呼びます。


レストランの予約やイタリア国内においての連絡などやはり必要です。


006_convert_20110824005550.jpg


やっぱりイタリアでも来てました

スマートフォンの波が。

携帯ショップのディスプレイはiPhonや最新スマートフォンが

大部分を占めていました。


しかし私が手に入れたcellulareは隅っこの方にあった時代の流れに逆行する物。



004_convert_20110808003304.jpg

付いてる機能は通話とメールのみというすごいシンプルさ。


そう、パスタに例えるならば

ブーロ(通話)・エ・パルミジャーノ(メール)と言ったところだろうか。


メールはローマ字でしか打てないので往年のポケットベルを彷彿させます


“人生も携帯もシンプルが一番さ”と自分に言い聞かせながら使ってます。



それではブォーナジョルナータ!


にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ


.24 2011 イタリア生活について comment0 trackback0

TRENO-TRENO

栄光に向って走る あの列車に乗っていこう
裸足のままで飛び出して あの列車に乗っていこう
弱いもの達が夕暮れ さらに弱いものをたたく
その音が響き渡れば ブルースは加速して行く

見えない自由が欲しくて
見えない銃で撃ちまくる
本当の声を聞かせておくれよ


016_convert_20110720004512.jpg



今日はイタリアの電車の話。




ストライキや遅延などなにかと悪名高いイタリアの電車。


009_convert_20110717191332.jpg

イタリアの電車は日本みたいにホームと電車の間が平らではなく結構な段差になっている


老人や子供、重い荷物を抱える旅行者には厳しい仕上がりだ


そして出発の時は発車の合図も特になく、無言でスーッと走り出す。


到着駅のアナウンスもないのでしっかり確認しないと


乗り過ごすハメにもなる。


020_convert_20110717191856.jpg


そして降りるとき、自動のドアではなく自分で開けなければならない、

手動です。


電車ひとつとっても一筋縄ではいかないぜ、イタリア!



にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ


.17 2011 イタリア生活について comment6 trackback0

いつも心にマウンテン

ブォンジョルノ!


戸を開け、ベランダに出てみると・・・


076_convert_20110619081750.jpg

かなり広く明るい。


京都に住んでいた時はベランダ0.5畳、

すぐ目の前には建物があったため

陽の光はほとんど射さないという所だったのでこれまた真逆の環境だ。





037_convert_20110619082825.jpg

美しい景色が広がる




しかし





右を見ても





左を見ても





後ろを振り返っても







すると身体から自然と湧き出るあるメロディー。

いつの間にか口ずさんでいたこのフレーズ。







さぁ行こうか、幸せのマウンテンへ!
忘れていた 喜びのケルン 忘れていた 幸せのピッケル
高ければ高いほうが 登ったとき気持ちいいよね
すべて忘れて みんなで行こう トップオブハッピー
いつも心にマウンテン 涙タイムもいっぱいあるけど
いつも心にマウンテン あなたのために

忘れていた 喜びのピトン 忘れていた 幸せのハーネス
澄んだO2とCO2 みんなハートの形
すべてキラキラ 前を向いたら ドンストップハッピー
いつも心にマウンテン 笑顔タイムがいっぱいあるから
いつも心にマウンテン 輝くために

笑顔満天マウンテン トキメキ満天マウンテン
喜び満天マウンテン 幸せ満天マウンテン
みんなで回転マウンテン

いつも心に・・・ 涙タイムも・・・
みんな心に・・・ 自分のため

いつも心にマウンテン 涙タイムもいっぱいあるけど
いつも心にマウンテン あなたのために
いつも心にマウンテン どんなときでもここで逢える
いつも心にマウンテン 輝くために





ブォーナジョルナータ!


にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ


.19 2011 イタリア生活について comment6 trackback0

プロフィール

スギモトサトシ

Author:スギモトサトシ
エミリア・ロマーニャの田舎に住んでます、よろしくお願いします。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。